Aerosol Box 台形 4.14

デザイン:

DBYM(cc / original designed by Dr. Hsien Yung Lai)

制作  :

DBYM(プロトタイプ)

ミノル化学工業株式会社(量産)

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対し、医療従事者の感染を予防する道具です。気管挿管時のエアロゾル暴露(飛沫などとの接触)を防ぐための"エアロゾルボックス" 。台湾のDr.Hsien Yung Laiが開発し、いち早い世の中への拡散を意図して設計図を公開されました。今後PCR検査での使用も期待されています。

 制作に際して、若干のリデザインを行いました。曲げ加工によって入隅を減らし、毎度の洗浄の容易にします。加えてスタッキングできる台形形状とすることで保管時の嵩張りを軽減します。強度に配慮して、アクリルの厚みは5mmとしました。

 設計図をページ下部に公開します。この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供しています。

​ミノル化学工業株式会社制作品

​ミノル化学工業株式会社制作品

©Copyright 2019 dbym